苦い体験談 〜その2〜

お客様からの苦情
お客様の孫の記事が載った記念の新聞を破棄したと勘違いし捨ててしまった。

苦情への対応

お食事を終えたお客様が退店された後、すぐ店舗の方へお電話がありました。

「孫の記事が載った大切な新聞を忘れたので取りに行きます。」という内容だったので、
そのお客様が使用したテーブルの片付けを行ったスタッフに確認をとりましたところ、
忘れ物ではなく、破棄したと思い捨ててしまったことが分かりました。

すぐに、お客様に折り返しお電話し、不手際をお詫びして、
同日の新聞を当店の優待券と一緒に送付させていただきたいと申し上げたところ、了解してくださいました。

当店では、忘れ物BOXを設け、保管していますが、これは捨てたのだろうと安易で早計な判断をしないよう、
今後は対策マニュアルをつくり、更に接客の再教育の徹底を図ります。

原因・問題点

  • お客様の忘れ物に関しての対策マニュアルが無かった。
  • スタッフの安易な判断

ワンポイント・アドバイス

もちろんそれのみになってはいけませんが、組織でさまざまな対策マニュアルをつくり、共通認識を持つことが大切です。

健康ダイニング 万菜
担当 砂川

会社情報

  • 店舗:健康ダイニング万菜
  • 住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目7−26 2階
  • TEL:098-941-7755
  • URL:http://r.gnavi.co.jp/f154901/
  • MAP:地図はこちらから

万菜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る