解約も返金も拒否された美容室の着付け

美容師のイラスト
お客様からの苦情

 遠方に住む娘が2週間後の卒業式のため、娘の住まいに近い美容室に着物の着付けを全額前払いして予約しました。
 予約後に店から準備のために事前に着物を店に持ってくるように言われましたが、娘は実家に帰っているためできません。
 キャンセルを申し出ましたが、キャンセルも返金もできないと突っぱねられました。返金してほしいです。

 

▼苦情への対応 

 卒業式や入学式など時期的に予約が多く入ることが予想されます。当然準備として事前に着物を持ち込んでもらうことが考えられます。このような場合は、予約時に当然説明すべきことでしょう。

 お店のミスは認め、丁寧に説明し出来るだけ事前に持ち込んでもらえるよう話し合いをしましょう。それでも解約したいということであれば返金する必要があります。

 消費者契約法では、解約も返金もできないなどの条項は消費者の権利を一方的に害する不当条項にあたり無効になります。キャンセル料を請求する場合は損害額を明らかにする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る