日本料理店の靴箱から靴が盗まれた

日本料理店の靴箱から靴が盗まれた
お客様からの苦情
日本料理店で靴がなくなり、店員が見っからなければ弁償するといいながら、翌日電話で「見つからなくても責任は負いかねます」と言われました。店員の指示で靴箱に入れたのに納得できません。

 

▼苦情への対応

当店では座敷への出入り囗の安全を確保するためと、気持ちよくお食事をしていただくため、お客さまに靴箱にお入れいただいております。
 靴箱の横には「靴が紛失しても責任は負いかねます」と表示していますが、見えにくかったものと思われますので、よく見えるように表示方法を改善することにしました。
 さらに靴箱には部屋ごとの名前を入れ、間違いのないように従業員にも気を付けるようにしました。
 店員の電話での対応についてはご理解いただけるよう、丁寧に説明するなど接客の再教育の徹底を図ることにしました。
 今回の靴については、表示の見にくさと対応の悪さもありましたので、お見舞い金として靴代の一部をお支払いしました。
 

▼原因一問題点

  • 靴の紛失時の責任は誰か。
  • 従業員の対応。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る