店内に価格表示が無い美容室

美容師のイラスト
お客様からの苦情

 

 以前に一度利用した事がある美容室に、パーマの予約を入れて出向きました。美容室にあったヘア雑誌を見て、こんなイメージにしたいと言ったところ、ストレートパーマとヘアマニュキュアを勧められたので、料金は分かりませんでしたが頼みました。
 レジで26,000円の請求を受けて驚きました。こんなに高いと知っていれば頼みませんでした。店内に価格を表示しないのは問題ではないのでしょうか。

 

▼苦情への対応

 店では、立地条件、施設、技術力、使用する薬剤や機材、その他のサービスを考慮して料金を設定しています。店のドア外側の看板には料金表示もしており、シャンプー2,000円、ストレートパーマ15,000円、ヘアマニュキュア9,000円の合計26,000円となりました。通常のパーマは10,000円でした。

 ストレートパーマは通常のパーマよりも技術を要するものです。また、このたび提供したヘアマニュキュアは、パーマをかけた直後でも毛髪にダメージを与えない優れた薬剤を使ったサービスでした。

 店内に料金表示をしなかったり、お客様に施術前に料金の説明をしない場合は店の落ち度といえます。

 受付カウンターなどお客様が見やすい場所に料金掲示板を掲げましょう。

 また、こうしたトラブルの発生を避けるため、お客様には口頭でも料金について説明しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る