希望の髪型はサッカー選手

理容師
お客様からの苦情

「有名サッカー選手と同じ髪型にして」と頼んだら、理容師は「分かりました」と言ったのに、全く雰囲気の違う仕上がりになってしまいました。
 我慢できずに文句を言うと、「同じになるとは言っていない」「髪の毛の色や質で感じは変わる」と最初に言われていない説明をされてしまいました。
 希望したような同じ髪型にならなかったのに、料金を全額支払わなければならないのでしょうか。

 

▼苦情への対応 

 施術前に、お客様の話をお聞きし、ご要望に沿うように努力する姿勢が一番大切です。お客様一人一人、頭の形、髪質等が違うので細かい部分までご要望に沿えないことはあるでしょう。しかし、専門家としてはできる限り詳しく説明をし、コミュニケーションを取りながら、誤解を招かないようお客様に納得して頂く努力をすることが大切です。「分かりました」と答え、お客様のご希望どおりに出来なければ、それは、債務不履行責任を問われます。その場合は代金の請求はできないでしょう。

 イメージ違いというのはなかなか難しいものです。お客様に髪質や色の違いがあり同じような髪型にはならないことを事前に伝えることにより、トラブルは避けられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る