寿司屋の値段の付け方が不審

お客様からの苦情
夫と2人で初めての寿司屋に行き、カウンターに座りました。値段が出ていたものと、時価だったんですがお薦めと言われたネタを注文しました。隣に常連らしい客がいてだいたい同じようなものを食べたのに、勘定のとぎはこちらが随分高くて不愉快でした。常連客と差別したのですか。

 

▼苦情への対応

当店では価格表を壁に掲示し、お客さまにはそれを見て注文していただいています。
 また当店は毎朝魚河岸で仕入れをし、最良のネタをお客さまに召し上がっていただくのをモットーにしております。ただし魚には旬があって、季節によっては捕れないもの、価格の動くものがあり、そういうネタは時価としております。これは当店だけでなく多くの寿司屋で昔からしている価格の付け方です。
 さらに隣席のお客さまとの比較についでは、決して初めてのお客さまを区別したわけではありません。ただ常連の方には多少のサービスをしており、それが誤解の元になったとすれば大変申し訳なかったと思います。
 もちろんお客さまには、お召し上がりの品代だけをいただいております。
 お申出のお客さまには以上のことを説明し、お詫びに当店の優待券も提供させていただきました。
 これを機会に今後はこまめに価格を表示し、なるべく時価表示を少なくして、お客さまに安心して寿司を召し上がっていただけるようにいたします。

▼原因一問題点

  • 時価がいくらか明らかでない。
  • 常連客と区別したサービス。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る