喫茶店のサンドイッチにビニールの切れ端が入っていた

喫茶店のサンドイッチにビニールの切れ端が入ってた
お客様からの苦情
喫茶店のサンドイッチにビニールの切れ端が入っていましたが、ウェイトレスに苦情を言ったら、男性が出てきて謝罪しました。でも以前に卵の殼が入っていたこともあるし、店で調理しているのに、もっと注意してほしいと思います。

 

▼苦情への対応

当日は、すぐウェイトレスが調理場に伝え、調理担当者がお詫びをいたしました。
 問題のビニールの切れ端は、サンドイッチ用の食パンの包装紙でした。サンドイッチ調理中に、うっかり紛れ込んでしまったものと思われます。
 当店は保健所の下に、食品の衛生管理には万全を期していますが、大変不注意だったとお詫びします。今後は食品の保存、配置、調理手順をもう一度見直し、食品衛生に今まで以上に配慮をすることにいたしました。
 また調理単調車はお詫びするだけでなく、問題のビニールが食パンの包装紙であることなど、原因を説明するべきでした。お申出のお客さまには改めて説明をし、当日の飲食代金はご返金させていただきました。

  

▼原因一問題点

  • 調理中の食品管理の手落ち。

 

▼ワンポイント・アドバイス

  調理の慣れによるミスが発生した場合、食品の保管場所の整理、調理手順の確認など再チェックが大事です。クレームに対するマニュアル作成も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る