下処理が悪かった鶏の丸焼き

お客様からの苦情
クリスマス用チキンの丸焼きを予約し、代金の一部を払いました。当日受け取りテーブルに並べるために箱を開けたら処理残しの毛が目立ち気持ちが悪くソッとしました。別の品の焼き直しを求めたが断られました。残りの代金を払いたくありません。

 

▼苦情への対応

お客さまからの苦情かおり、店長が対応しました。
 クリスマスパーティーのメインディッシュに注文いただき、サービスでサラダの飾り付けもさせていただいたものでした。当日お客さまが食卓にお料理を並べようと箱を開けたところ、ローストチキンの表面に処理残しの毛が目立ち気持ちが悪く、メインディッシュとしてテーブルに乗せられなかったということでした。
 調埋担当者から詳しい事情を聞さ調べたところ、当日は注文が殺到していたため鶏肉の下処理のチェックが甘かったことが分かりました。調理担当者も、焼いてしまえば気にならないのではないかと女易に考えていたようで仁
 料理の味はもとより、見た目も食欲をそそり、おいしそうであることが大切です。パーティーのメインディッシュであればなおさらです。忙しいからと手を抜いていた担当者には厳しく注意いたしました。
 当日鶏肉の予備がなかったため、焼き直しの申出をお断りしましたことについてはせっかくご家族が楽しみにしていたクリスマスパーティーなので、本来なら別のチキンを焼き直してお渡しし、お詫び申し上げるべきでしたとお話しして、ローストチキンの代わりに鶏の唐揚げと手羽先の照り焼きなどをご用意し、残りの代金はいただかないことで納得いただきました。

▼原因一問題点

  • 鶏肉の下処理の不備。
  • 商品チェックの甘さ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る