ヘアダイで頭皮や顔や目がかぶれた

ヘアダイで頭皮や顔や目がかぶれた
お客様からの苦情
美容室でパッチテストなしでヘアダイをしたら、頭皮や顔や目がかぶれました。病院でヘアダイによる皮膚障害と診断されました。治療費など補償してもらえますか。

 

▼苦情への対応

今回当美容室では、お客さまに「このヘアダイは植物性で肌にやさしい新製品です」と説明して、パッチテストなしで施術をいたしました。お客さまから被害の申出を受けてすぐ、店主が担当美容師を連れて訪問しました。症状を聞きましたところ、帰宅後しばらくして頭皮がピリピリ痛んで赤くただれ、顔や目も同様に腫れてきて辛かったとのことで、写真と診断書で当時の状況を確認しました。
 美容院で毛染めをするときは、使用上の注意事項として、毎回パッチテストを行うことが義務づけられています。今まで事故も無く使用していましたので、安易に考えてバッチッツ、卜なしで使用してしまい、このような結果を招いたことを深く反省しました。多くのお客さまに影響が無い場合でも個人差があることを認識し、パッチアメトの必要性を強く感じました。当美容室のミスを認めてお客さまにお詫びいたしました。
 お客さまは健康を取り戻され、後遺症も無いようで、治療費、通院に要した交通費、3日間の休業補償費、ヘアダイ料金の返還などについて誠意をもって話し合い納得していただきました。
今後は必ずパッチテストを励行し、事故の無いようにしたいと考えています。
また化粧品メーカーと情報交換を密にし、研修を怠らないようにいたします。

▼原因一問題点

  • パッチテストなしでヘアダイを行った。

▼ワンポイント・アドバイス

 何回も異常なく使用した方でも体質の変化によりかぶれるようになる場合もありますので、皮膚試験は毎回必ず行ってください。
 「日本ヘアカラーエ業会・染毛剤懇話会の自主基準|で使用上の注意事項が決められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

生衛業(17業種)

協賛広告のお問い合せ

ページ上部へ戻る